call

眼科

▌白内障

白内障は、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。
主な原因としては加齢がその多くを占め、40歳くらいから発症の可能性が高くなります。

しかし白内障は、適切な処置を施すことでほとんどの場合は失明を回避することが可能です。

眼の手術には怖さが伴うかと思いますが、当院院長は数多くの白内障手術を経験しており、日本全国でも多くの手術が行われています。

当院では日帰りでの手術が可能で、患者様の不安を少しでも和らげるようリカバリールームを設置したり工夫を施しています。


▌緑内障

緑内障は、視神経が悪くなり、視野が狭くなっていく病気です。
主な原因として、眼の中の圧力を調節する機能が異常をきたし、視神経をいためることが挙げられます。

緑内障は、日本人の40歳以上の20人に1人がかかるといわれており、失明原因の上位となっています。

緑内障の症状である視野の欠けはゆっくりとしたペースで進行するため、自覚をしにくいことがとてもやっかいで、気づいたときには症状が進行しているケースが多くみられます。

現在、緑内障によって欠けてしまった視野を戻すことは不可能なため、進行を食い止めることが目的となります。

早期発見が特に重要となるので、定期的に眼科で検査を受けることをおすすめします。


▌網膜剥離

網膜剥離は、文字通り眼球から網膜が剥離してしまう病気です。
原因は様々で、治療法はその原因ごとに異なります。

症状度合にもよりますが、網膜剥離の多くは手術で症状を改善することが可能です。しかし、手術を複数回行ったり、手術ごとに入院したりと、患者様に多くの負担を要します。

視野にごみや蚊のような影が見えたり、ものがゆがんで見えたりした場合は、早期受診し、少しでも早く症状を発見することが大切です。


▌糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病の代表的な合併症で、日本の成人の失明原因の上位となっています。

糖尿病により網膜の血管がいたみ、変形やつまりにより網膜に血液(酸素)が行き渡らなくなり、これが原因で出血を起こして網膜剥離へと進行します。

治療の多くは通院となり、レーザーが使用されます。その多くは網膜の酸素不足の解消が目的で、早期の場合はかなり有効な治療であるといえます。

初期段階では自覚症状が乏しい病気ですが、気づかないうちに他の病気の併発も起こりうる、とても怖い病気です。


▌加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、加齢により黄斑(網膜の中心部)に異常をきたし、見えにくくなってしまう病気です。

これまで効果的な治療法がなかったのですが、近年は治療法が見つかり、失明を回避できるケースが多くなりました。

日本では50歳を過ぎてから高齢になるほど多く見られます。

症状としてはゆがみ、視力の低下、中心の暗点、色覚異常が代表的です。

いくつかの特徴的な検査がありますがその多くは専門的であるため、定期的な検査をおすすめします。


内科

▌高血圧症

一般に、最大血圧(収縮期血圧)140mmHg、最小血圧(拡張期血圧)90mmHg以上の場合を高血圧といいます。年齢が上がるにしたがい、高血圧の人は急激に増加します。原因がはっきりしている場合には二次性高血圧といい、原因がわからない場合には、本態性高血圧といいます。
しかし、最近は原発性アルドステロン症や腎血管性高血圧などの原因がしばしば発見されており、少なくとも高血圧患者の10%以上は二次性高血圧だといわれています。本態性高血圧の原因は解明されていませんが、塩分摂取過多や肥満運動不足などの環境要因と遺伝的要因が考えられています。
そのため日常の食生活や適度な運動など、日ごろの生活習慣が重要となります。
軽症の場合は食事療法と運動療法で治療可能ですが、この2つの治療法で血圧の調節が難しい場合には、血圧を下げる薬(降圧薬)を使用します。


▌脂質異常症

以前は高脂血症と呼ばれ、血液中の中性脂肪(トリグリセライド)や、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が基準より高い、またはHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が基準より低い状態のことをいいます。
原因は遺伝的要素や体質、食習慣、運動不足、肥満など様々なことが背景にあります。他の病気や服用している薬の影響を受けることもあります。
動脈硬化を進めないようにすることが重要となります。まず食事や運動を含んだライフスタイルの改善を行い、動脈硬化による病気を起こすリスクが高いときには薬物療法が追加されます。
LDLコレステロール値が高い場合、コレステロールは食事から体に取り込まれる以外に、肝臓など体内で合成される部分も大きいため食事療法で改善しないこともあり、その際は薬物療法が必要となります。


▌糖尿病

糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病とその他の糖尿病に分類されます。
1型糖尿病はインスリンをつくっているすい臓のβ細胞が壊れてしまうタイプです。1型糖尿病の大部分は自己免疫が関係しており乳児から成人まで幅広い年齢で発症します。2型糖尿病はインスリンの分泌量が低下したり、生体のインスリンに対する抵抗性が増大してインスリンの効きが悪くなり発症します。肥満や過食、運動不足が原因と考えられています。
その他の糖尿病は、遺伝子異常や妊婦基礎疾患に合併する耐糖能異常であり、それぞれの病態にあわせた治療法が行われます。
血糖値が高いまま何年も放置されると、血管や臓器に影響を及ぼし、将来的に脳卒中や心臓疾患の他、網膜症により失明、腎障害による腎不全、足趾の壊疽や感染に対して弱くなるなどの合併症につながります。また、著しい高血糖状態は意識障害をおこすことがあります。

インスリン注射は、基本的に「膵臓からのインスリン分泌がほとんどない場合」に行われますが、「膵臓を一時的に休ませる」ことを目的に比較的短期間で実施する場合もあります。膵臓からのインスリン分泌が保たれている場合は、主に経口血糖降下薬の内服を行います。


整形外科・リハビリテーション科

▌腹部脊柱管狭窄症

腹部脊柱管狭窄症では、長い距離を続けて歩くことができません。
もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。
腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。
進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れる事もあります。


▌腰椎椎間板ヘルニア

腰や臀部が痛み、足に力が入りにくくなります。
また、重いものをもったりすると痛みが強くなることがあります。
原因としては、悪い姿勢や喫煙などにより起こりやすくなることが知られています。
治療としては、まずは安静を心がけ、コルセットをつけたりします。また、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロック(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)を行ったり、腰を温めることも効果的といわれています。運動療法を行う場合もあります。
これらの方法でよくならない場合は手術をお勧めすることがあります。


▌変形性膝関節症

長年膝をたくさん使っていたり、膝関係のケガや関節リウマチの既往があると、徐々に膝関節軟骨がすり減り骨破壊や変形が起こります。変形性膝関節症になると、炎症によるヒアルロン酸の分解と炎症性滲出液により、ヒアルロン酸の濃度が低くなり、粘り気や弾力性が低下してしまいます。ひざにヒアルロン酸を注射して補うことで、関節液の粘り気や弾力性が一時的に回復し痛みが改善します。
内服薬は非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs(エヌセイズ))や解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン)などがあります。
痛覚の神経経路に動くことで痛みを抑える薬もあります。
湿布などの外用剤も有効です。


▌腱鞘炎・バネ指

手の指は腱というスジが行ったり来たりして動きます。腱が浮き上がらないように腱鞘というトンネルがあり、ここに炎症が起きて痛むのが腱鞘炎です。症状が進むと炎症により腱鞘のところで腱がカクカクと引っかかってしまい、曲げ伸ばしの際に指が撥ねるようになります。この状態をバネ指といいます。ひどくなると曲がったまま、あるいは伸びたまま動かせなくなることもあります。
 対策としては思い当たる動作があればそれを避け、指をできるだけ休ませることが必要です。
薬物治療として塗り薬や貼り薬など皮膚表面から吸収される消炎鎮痛剤を主に使います。痛みが強い場合は飲み薬を使用する場合もあります。
 これで改善しない場合は腱鞘内注射を行います。ステロイドを直接患部に注射します。 これらの保存療法を行っても効果がない場合には手術が必要となります。一般的には腱鞘の真上の皮膚を少し切開し、狭くなった腱鞘を切開してトンネルを広げます。術後から指を動かすことができます。  


▌腰痛症、頸肩腕症候群

筋肉の炎症による腰部の痛みを腰痛症と呼び、中腰で勢いよくものを持ち上げたときなどに起こる、一般的に「ぎっくり腰」と言われる急性腰痛症と、日常生活の不良姿勢による、腰の筋肉の疲労による慢性腰痛症があげられます。

頸肩腕症候群は頸部・肩部・腕部の痛みの総称であり、筋肉の硬直が大きく関係しています。長時間のパソコン、手や腕を酷使するお仕事の方に多く、最近ではスマートフォン使用時の姿勢も関与しています。比較的軽度のものから重度のものまであります。変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群などの整形外科疾患は除外します。

トリガーポイント注射とは、肩や背中、腰などのトリガーポイント(押すと強く痛む部分)に局所麻酔剤を注射します。疾病原因を直接治療するものではありませんが、繰り返し注射することで痛みを除去する効果が期待できます。

筋膜リリース(エコーガイド)とは筋膜が萎縮・癒着している箇所を超音波で見つけ、その部位にハイドロリリース注射を行うことで凝り固まった筋膜を剥がし、筋肉の滑走性を改善することで痛みを除去する治療法です。原因部分をピンポイントで治療できます。即効性がある治療です。

末梢神経ブロックとは、神経周囲に局所麻酔薬を注入して痛みを除去する治療です。通常超音波検査を行い神経およびその周囲の血管、骨、筋肉などの組織をリアルタイムに確認しながら行います。注射針の動きをモニターで確認しながら適切な刺入ポイントに正確に薬液を注入するため、安全かつ高い効果が期待できます。


▌皮下腫瘍、軟部腫瘍

皮下腫瘍は皮下にできる腫瘤で、良性のものと悪性のものがあります。一般的に良性のものが多いですが、5cm以上のものは悪性の可能性もありますので、局所麻酔下に針生検を行い、良性か悪性かを顕微鏡で判断する必要があります。良性の場合、無症状であれば経過観察を行います。悪性であれば全身麻酔下に手術が必要となります。


▌陥入爪

陥入爪は主に足の爪の側縁が外側の皮膚に食い込んで、痛みと炎症を起こす状態です。原因は深爪や靴であるとされています。治療には保存療法と手術があります。保存療法は爪の切り方や靴の選択、足の衛生管理などのフットケアから、爪甲側縁保護、そして形状記憶合金プレートや超弾性ワイヤーを用いた爪矯正までが含まれます。手術では爪床・爪母・側爪郭を楔状に切除する方法が行われてきました。最近は爪母のみを切除する方法も行われるようになりました。メスで切除する以外に、フェノールやレーザーで爪母を破壊する方法もあります。陥入爪は保存療法でも手術でも再発率が高いことが知られています。