call
call
- - -

吉井中央診療所

眼科のご案内

 目の病気は早期発見、早期治療が大切です。その為、病気の発見には精密な検査が特に重要となります。当医院眼科では、目の小さな異変を見逃さないよう最新の検査機器を導入し、視能訓練士による正確な検査を行っています。
 ものもらいや結膜炎、ドライアイなどの一般的な治療のほか、白内障手術や緑内障手術、硝子体手術を日帰りで受けることも出来ます。今まで、遠くの大学病院や大きな病院まで足を運ばなければ受けられなかった治療も、当医院眼科で受けていただくことが可能です。
 患者様一人ひとりに合わせた最適な診療の提供と最新機器を使用して患者様に出来るだけ負担がかからないよう努めております。
 目がかゆい、目やにが出る、見えにくい等、目に不調を感じたら、ぜひ当院眼科までご相談下さい。

診療所の特徴

視能訓練士(ORT)が常駐しています。
入院設備が併設されているので、手術時に日帰りと1泊入院の選択が可能です。
光干渉断層計(OCT)導入。緑内障の早期発見に役立ちます。

眼科受付時間

受付時間
午前:9:00-12:00 ※1
午後:15:00-17:30

休診日 : 水曜午後・土曜(第1・3・5)・日曜・祝日
※1 第2・4のみ診療

手術待機時間

手術種類 待機時間
白内障手術
硝子体手術
4-8週間程度
免許更新等急ぎに対応

※ 診療の状況により待機時間が変動する場合があります。
    詳しくはお問い合わせください。

インターネット予約はこちらから
image

吉井中央診療所 
                院長
江原謙輔


医師

2009年
岩手医科大学医学部 卒業
2009年
順天堂大学医学部附属順天堂医院
2011年
群馬大学医学部付属病院
2013年
公立富岡総合病院
2014年
伊勢崎市民病院
2015年
群馬大学医学部付属病院
2018年
吉井中央診療所 院長就任

施設案内

  • 処置室

    ▌処置室

  • 診察室

    ▌診察室

  • 暗室・検査室

    ▌暗室・検査室

  • 検査室

    ▌検査室

  • 手術室

    ▌手術室

  • リカバリールーム

    ▌リカバリールーム

  • 待合室

    ▌2階待合室

  • 入院部屋

    ▌入院部屋

設備案内

  • OCT

    OCT

    主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。OCT 技術を応用して、網脈絡膜循環、微小血管の構造を可視化し観察することができる最先端の技術です。

  • ---

    前眼部OCT「CASIA2」

    光干渉方式により、前眼部を3D立体画像として非侵襲・非接触で撮影できます。角膜混濁、円錐角膜などの角膜疾患や狭隅角眼などの術前/術後の検査に威力を発揮します。また角膜厚や隅角角度などの各種定量解析も正確に行えます。

  • ---

    光学式眼軸長測定装置「IOLマスター700」

    角膜から網膜までの目の長さを100分の1㎜単位で正確に測定することで、白内障手術で挿入する眼内レンズの度数計算を行うことができます。最先端のOCTテクノロジーであるスウェプトソースを用いた計測により、従来機よりもさらに正確な測定が可能です。

  • ---

    自動視野計「HFAⅢ」

    視野を計る検査機器です。主に緑内障の診断、経過観察に用います。HFAⅢは最新のITテクノロジーを採り入れ、精度が高い検査を短時間で行うことが可能になり、患者様の負担が軽減されました。